ハエ駆除|ハエのいろいろな事についてご紹介します

生態

ハエは、日本だけで約3,000種が存在します。ハエ目の仲間として、カ(蚊)・アブ(虻)・ガガンボなどが挙げられます。ハエは、私たちの生活環境の中で発生し、昔から駆除対象として一般に「ハエ」と呼ばれてきた、イエバエ類、ニクバエ類、クロバエ類、キンバエ類などの大型のハエと、「コバエ」と呼ばれるショウジョウバエ類、チョウバエ類、ノミバエ類などの小型のハエ類の昆虫と、形態的な類似性からコバエ類に含まれる昆虫の事をいいます。いずれも不快感を与え、種によっては伝染病を媒介し、人畜に害を与えるものもあります。「蝿」という漢字は、前脚を擦りあわせるしぐさが、縄をなっているように見えることに由来しています。

ハエ

ハエとは、建物内やその周辺で発生し、衛生害虫として問題になる昆虫の総称です。建物内外で発生して、腸チフス、病原性大腸菌O-157、赤痢、鳥インフルエンザなどの伝染病の原因とされています。食品工場などの製造施設では、混入異物となる恐れがあります。ハチや蚊などに外見が似ているため恐怖感を与えたり、その姿形から人に嫌悪感を抱かせたりします。実際に吸血刺咬の被害を与えるなど、いろいろな種類が生息しています。

コバエ

コバエとは、比較的身近に見られる小型の昆虫で、ハエの中でも体長が2mm~3mmと非常に小さなハエ類の総称となります。コバエ類には、不快昆虫として問題となるチョウバエ科・ショウジョウバエ科などの種類が含まれます。発生場所等によってその生態は異なり、お風呂場など排水管から発生するコバエは主にチョウバエ、キッチンやゴミ捨て場などで発生し群れなすコバエは主にショウジョウバエの仲間となります。これらのコバエ類は残飯やジュースの残渣、生ゴミ、腐敗物、排水管や下水などから発生します。短期間で卵から成虫になるため、突然に多数発生することがあります。また食品などに混入する事故も多く、食品を扱う店舗や工場では深刻な被害となります。発生源が汚れた場所であることから、衛生上も問題となります。

ハエ
ハエ
コバエ
コバエ

特徴

ハエは完全変態を行う昆虫で、ライフサイクル(卵~成虫)は卵・幼虫(ウジ)・さなぎ・成虫の4つの段階から成り立っています。成長が早く、卵→幼虫→さなぎ→成虫のサイクルを夏の暑いときには種によって異なりますが、1週間程度で繰り返します。ハエは日中に活動し、摂食・交尾・産卵を行い、夜間にはあまり活動を行ないません。幼虫はウジ虫と呼ばれ、腐った動植物や汚泥などの有機物を主に食べています。ゴミや糞尿、食品など特に腐敗した有機物から発生するため、数が多ければ多いほど不衛生な環境といえます。足や口に病原菌をつけたまま食べ物にとまるため、食中毒やさまざまな病気をもたらすことがあります。

イエバエ
体長 体長5~8mm
エサ 動物の糞や死骸、果実など
特徴 ・最も身近なハエの一種
・家によく入り込む為、イエバエの和名がある
・腹部がオレンジ色をしており黒い帯模様がある
ショウジョウバエ
体長 体長2~3mm
エサ 熟した果物や樹液や、これらに発生する天然酵母
特徴 ・糞便や腐敗動物質には近づかない
・病原菌の心配は少ない
・食品にたかることが多い
センチニクバエ
体長 体長8~14mm
エサ 動物の糞や死骸、果実など
特徴 ・全国でよく見られるハエ
・糞があれば必ずと言ってよいほど本種が集まってくる
・前胸部は白黒の縞模様で、腹部は市松模様である
・複眼は赤く大きい
キンバエ
体長 体長6~12mm
エサ 動物の糞や死骸,果実など
特徴 ・金緑色(青緑色や銅赤色もある)で金属光沢がある
・動物の死体から発生する
チョウバエ
体長 体長1~5mm
エサ 汚水の上に浮かぶスカム(浮上汚泥)やヌメリ
特徴 ・体より羽が大きく、ハート型を逆にしたような形
・湿地や沼などの水際が主な生息地である
・お風呂場、排水パイプ、下水溝など水周りから発生する
イエバエ
イエバエ
ショウジョウバエ
ショウジョウバエ
センチニクバエ
センチニクバエ
キンバエ
キンバエ
チョウバエ
チョウバエ

被害

ハエは食べ物や排泄物、ゴミ類にたかるだけではなく、病原性の細菌やウィルス、大腸菌、サルモネラ菌、赤痢菌、寄生虫の卵などを媒介し、病気を引き起こす原因となる場合があります。1990年代後半以降に問題となった、病原性大腸菌O-157トリインフルエンザウイルスもハエによって媒介されており、その後も被害が続いています。また、食品などに混入する事故も多く、食品を扱う店舗や工場では深刻な被害となります。発生源が汚れた場所であることから、衛生上も問題となります。

衛生害虫として特に問題となる種類

ハエ類 イエバエ・オオイエバエ・ヒメイエバエ・サシバエ・ケブカクロバエ・オオクロバエ・ヒロズキンバエ・センチクバエ
コバエ類 ノミバエ類・トゲハネ類・ハヤトビバエ類・ショウジョウバエ類
  • ハエは不潔な場所を飛び回っており、食中毒など、恐ろしい病原体をまき散らす危険性を持っています。もし、ハエにさわったり、ハエが手や顔などにとまったりしたら、水道水などで十分に洗ってください。特に食事前には十分手を洗ってください。

駆除方法

ハエの種類を同定するとともに、発生場所・発生源を特定します。それに応じて発生源の除去が可能な場合は、徹底して除去していきます。または、発生場所の幼虫対策としては、専用の殺虫剤を使用し駆除していきます。特にコバエ類の排水溝などの汚水から発生する種に関しては、高圧洗浄などによって、汚水の上に浮かぶスカム(浮上汚泥)やヌメリを定期的に除去清掃し、殺虫剤散布を繰り返し行う必要があります。成虫に対しては、少量であればスプレー式殺虫剤(エアゾール剤)を直接噴霧ですることで対処可能です。大量発生した場合は、空間全体の噴霧燻煙剤によって処理する必要があります。また密閉された空間では、蒸散性の殺虫プレートの設置も効果的です。

駆除料金

害虫・害獣駆除は、被害状況や建物の面積、施工回数等よって料金が変わってきますので、正式な料金につきましては調査・お見積りをご依頼ください。(首都圏の見積料金 無料)

ハエ駆除 25,000円~
チョウバエ駆除 25,000円~