カメムシ駆除|カメムシのいろいろな事についてご紹介します

生態

クサギカメムシ

体長 13~18mmくらい
体色 暗褐色で黄褐色の不規則な斑模様
地域 日本のほぼ全土に生息

スコットカメムシ

体長 9~11mmくらい
体色 暗褐色で銅色の光沢があり、背面中央に白紋がある
地域 北海道から本州に生息
(東北や北海道では主に本種が問題となります。)

マルカメムシ

体長 5~6mmくらい
体色 暗褐色光沢のある暗褐色
地域 北海道を除く日本各地に生息
(特に九州地方に多く見られる)

チャバネアオカメムシ

体長 10~12mmくらい
体色 黄緑色で、羽は暗褐色
地域 日本のほぼ全土に生息

オオトビサシガメ

体長 20~27mmくらい
体色 全身が茶褐色
地域 本州、四国、九州に生息
クサギカメムシ
クサギカメムシ
スコットカメムシ
スコットカメムシ
マルカメムシ
マルカメムシ
チャバネアオカメムシ
チャバネアオカメムシ
オオトビサシガメ
オオトビサシガメ

特徴

クサギカメムシの特徴

  • 人目に最も多くふれられるカメムシの代表。
  • 秋に越冬のため家屋に大量に飛来、侵入する。
  • 強烈な悪臭を発する。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と9月の年2回。
  • 山地周辺で問題となることが多い
  • 集団は、数千~数万匹に達することもある。

スコットカメムシの特徴

  • 秋に越冬のため家屋に大量に飛来、侵入する。
  • 家屋の周辺で見られる時期、5月と10月~12月の年2回。
  • 柑橘類の匂いにも似た酸性の臭いを発する。
  • 多い時には何万匹という大群が一軒の家に集まることもある。
  • 冬の天候が良く暖かい日、雪の上で見ることもある。

マルカメムシの特徴

  • 越冬の為、屋内に侵入するカメムシで一般に一番良く知られている。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月の年2回。
  • 都市近郊で問題となることが多い。
  • 体は小さいが、臭いは強い。
  • 成虫はヤマフジ、クズ、ハギなどのマメ科植物に寄生する。

チャバネアオカメムシの特徴

  • 越冬の為、屋内に侵入するカメムシで一般に一番良く知られている。
  • 家屋の周辺で見られる時期、3月~4月と8月~9月の年2回。
  • 刺激を与えるとくさい臭いを放つ。
  • 雑木林の周辺で見られ、サクラやクワの実の汁を吸う。

オオトビサシガメの特徴

  • 手足の長い大型のカメムシ。
  • 家屋の周辺で見られる時期、4月と10月~11月の年2回。
  • クサギカメムシと一緒に見かけることが多い。
  • 口吻が鋭く、刺されると激しく痛む。
  • 体が大きい為、家屋の中に侵入する事は少ないが、サッシの枠の中や外壁材の隙間の中で集団越冬する。

被害

悪臭被害

カメムシ類の多くは危険を感じると臭腺より悪臭のある分泌物を出します。この分泌物は外敵の撃退するためや、仲間へ警戒を知らせる一種のフェロモンだと言われています。その悪臭がなかなか落ちない(手や衣類から)といった害を及ぼし、嫌われます。特別健康的な影響はありませんが、悪臭は生活環境への影響をもたらします。

侵入被害

晩秋や春に日当たりの良い建物の外壁面に多数飛来し、窓の隙間や換気扇口、給排気口などから越冬のため、雨のあたらない気密性の高い屋内に侵入してきます。また、夜の照明に飛来して床などを徘徊し、布団の中などに侵入することもあります。

汚染被害

洗濯物などに悪臭とともにシミを付けて汚染します。また、山間部の温泉旅館やホテルなどでは、料理に入って食べられなくなったり、風呂に入って悪臭が体に付いたりなどの被害が深刻な問題になります。 このような被害は晩秋だけでなく、越冬から醒める春も起こります。

刺され・かぶれ

カメムシは種類によっては、刺したり噛んだりします。鋭い口器を持っているので、うかつにつかむと刺されることもあります。また、カメムシの分泌する液で皮膚がかぶれる事もあります。その症状は火傷のようなヒリヒリとした痛みが続きやがて赤く腫れてから皮膚の皮が剥がれる人もいます。カメムシの液が付いたところだけなので、それほど大きな被害にはなりませんが、かぶれが広がらないうちに、早めに皮膚科を受診するといいと思います。

駆除方法

春先や、晩秋の越冬時期になるとカメムシは建物の隙間を見つけて侵入してきますが、屋内に侵入する前、壁や窓などに止まります。特に、日当たりの良い壁面に止まっていることが多いです。そのため、あらかじめ壁面などに殺虫剤を処理しておいて、処理面にとまったカメムシを駆除し、屋内へ侵入するのを防止します。
※駆除は早めの対策が有効です。
カメムシが出てからでは効果が半減してしまいます。

室内の施工

  • 床、壁、天井面などにスプレー剤を散布
  • 侵入した隙間をコーキング処理
  • 殺虫薬剤にて駆除
  • 虫の死骸除去

外周の施工

  • 忌避剤及び、残効性薬剤を散布
  • 窓用薬剤塗布

床下・天井裏の施工

  • 忌避剤及び、残効性薬剤を散布
  • 薬剤散布
  • 燻煙剤処理
  • 調査のご依頼を承りましたら、スタッフが現地へお伺いして駆除方法を選定していきます。
    駆除方法は数種類あるため、建物の構造や被害状況を見ながら、適切な作業を施していきます。
  • 液体タイプ薬剤
  • 薫煙・薫蒸タイプ薬剤
  • スプレータイプ薬剤
  • 微粒子タイプ薬剤
  • ※ 当社では環境や人体への影響がなく、安全性の高い薬剤を使用しています。
追出し薫煙作業
追出し薫煙作業
駆除薬剤噴霧
駆除薬剤噴霧
土壌散布
土壌散布

駆除料金

害虫・害獣駆除は、被害状況や建物の面積、施工回数等よって料金が変わってきますので、正式な料金につきましては調査・お見積りをご依頼ください。(首都圏の見積料金 無料)

カメムシ駆除 15,000円~